福島・岡山の人間ドック事情

福島の人間ドック事情

福島県の自治体のホームページには人間ドックに付いての案内が掲載されています。
県民の健康維持を目的として福島県のホームページで人間ドックの案内が行われており、食事付きの日帰りドックの紹介が行われています。

このドックは毎週月曜日、火曜日、木曜日(祝祭日は除く)に実施されるもので、女性専用のドックは第1、2、4の木曜日(祝祭日は除く)となっています。
費用については基本メニューとして39800円と言う料金で受診が可能で、この料金には消費税や昼食代が含まれています。
また、別料金になりますが、様々なオプション検査も受診が可能になっており、基本メニューに含まれていない検査で、気になる部分が在る場合などオプション検査を利用する事がお勧めです。

尚、この人間ドックは朝8時半より受け付けが行われ、12時頃に昼食を食べて終了となるコースです。
また、オプション検査を受診する人は午後からの検査を受けることになります。

岡山の人間ドック事情

岡山の人間ドックの内容を考えて見ましょう。人間ドックとは検査の内容にも依りますが、半日もしくは1日かけて自分の健康状態を検査する事です。
基本的な身長・体重に視力・聴力などの検査を行うのは当然の事、血圧測定に血液検査や大便の検査そして尿の検査も行います。これらの検査によって内臓の状態などが分かるので、欠かすことの出来ない検査といえるでしょう。また胸のレントゲン検査や、胃のバルュウムによるレントゲン検査も必ず行うようにしましょう。これらでおかしな部位が見つかると、CT検査や胃カメラによる検査をする事でもっと詳しく分ります。肺や胃に不安のある場合は当初からCT検査や胃カメラによる検査を希望すると、希望に沿った形で検査をしてくれるのです。大切な自分の身体ですので、不安に思うところがあったらその旨を伝えて詳しく検査してもらう事でしょう。
人間ドックの結果は毎年ファイルして取っておくと、自分の身体の状態の変化が分かるので、健康管理に役立ちます。

人間ドックのオプション料金

人間ドックのオプション料金

人間ドックは最も重要とされる検査を中心に行われる検査です。
基本健康状態を把握する目的で行われる検査は健康診断などと同じく法定検診による検査が行われます。
また、心臓は安静時心電図、肺は胸部単純X線撮影、肝臓は腹部エコー、胃はバリウム検査や内視鏡による検査、大腸は便潜血検査や直腸指診と言った検査が人間ドックにおける基本的な検査になります。

しかし、これだけでは十分な検査ではないと考えた時に利用出来るのがオプション検査です。
オプション検査には様々な検査が用意されている病院や検査施設が増えています。
男性の場合であれば前立腺の検査として腫瘍マーカー、女性などの場合は、乳がんの検査としてマンモグラフィや乳腺エコー、子宮ガンの検査として子宮頸部細胞診と言ったオプション検査が用意されています。

尚、人間ドックの料金やオプション料金と言うのは病院毎に異なりますし、人間ドックやオプション検査は自由診療の扱いになるため、料金の比較をする事が大切です。

必見!人間ドックの割引制度

人間ドックの費用と言うのは1泊2日などのコースは10万円前後になります。
この金額は毎年となると経済的な負担が多くなります。
また、人間ドックの検査と言うのは自由診療となりますので、費用は検査を受ける人が全額負担をする事になります。

費用負担が大きい事からも、検査を見送るケースも有るわけですが、自治体などには割引制度などを設けている事もあります。
例えば、毎年継続して受診する場合は、コース指定が在りますが割引を受けることが出来るケースも有ります。
コース指定と言うのは自治体が定めているコースであり、希望の検査が含まれているか否かを確認しておく必要が有ります。

また、夫婦で受診をする事で割引を受けることが出来る夫婦割引を実施している事もあります。
これについても、コースが指定されているため、希望の検査が含まれているか否かを確認しておくことが大切です。

更に、病院などによっては割引のキャンペーンを実施している事も有るので、これ等を上手に利用する事で費用負担を軽減する事が可能になります。

長崎・若松の人間ドック事情

長崎の人間ドック事情

長崎県には人間ドックと脳ドックを同時に受けられる医療機関が複数あります。健康管理のために人間ドックを受診する方は増えていますが、脳の項目は含まれていないため後日脳外科でドックを受けたり、予算の都合から後回しになっているケースも多いです。
病気は待ってくれないからこそ、一度に多くの項目が受けられる所を選ぶと安心です。

人間ドックはその内容によって日帰りで終了するものや1泊2日になる場合もありますが、1泊2日の場合は内容と医療機関の方針により絶食になる場合もありますので注意が必要です。詳細はまちまちなので詳しくは先生と相談して決めると良いですが、出来れば1つでも多くの項目を受けておくと、自覚症状のない項目についてもきちんと調べられます。通常メニューに加えてオプションで検査を行える項目もありますので、初期のサインを見逃さないよう予算に応じて検査をプラスしていくと良いです。今回は何を優先して検査を受けたいかを考えておくと良いです。

若松の人間ドック事情

大海原を長く航海する船は、どれほど気をつけていたとしても、その船旅の間に船体に少なからずダメージを抱えるになり、これをそのまま放置してしまえば、それはいずれ致命的なダメージとなり、遠くない未来に、乗客乗員もろとも海の中へと沈むこととなるでしょう。
そのような重大事故を起こさない様、船が入るのがドックであり、ここに入った船に定期的な検査が行われ、必要に応じて修理・修繕といったケアを行うことで、乗客乗員が安心してその身を委ねて船旅を楽しむことが出来るのです。
人間の場合もこれと全く同じで、船と同様、人間ドックに入って定期的な検査を行うことにより、身体に致命的なダメージが蓄積される前に治療にあたり健康を維持することが出来るという訳です。
会津若松で人間ドックを実施しているのは、竹田綜合病院、穴澤病院、会津西病院、会津中央病院、穴澤病院、佐藤病院、えんどうクリニック、さいとう内科・胃腸科クリニック、七日町クリニック、長谷川内科消化器科医院、などがありますので、お近くの医療機関にお問い合わせ下さい。

栃木・山形の人間ドック事情

栃木の人間ドック事情

人間ドックを受けることは、隠れた病気の発見や防止のために非常に重要です。人間ドックはお金もかかるし、予約を取ったりと面倒なことが多くて受けたくない、病気が見つかったら怖いから受けないと言う本末転倒なことを言う人もいますが、最近は癌のような一般的には怖いと認知されている病気でも早期発見すれば完治する時代になってきました。その分しっかりと人間ドックなどで検査を行うことが重要なのです。栃木では市が検査費の補助を出しているところもありますし、企業が費用の何割かを補助しているところもあります。検査項目によっては無料で受けられるものもあるので、まずはお住まいの市のホームページなどでどのような補助が受けられるのかを調べてみると良いでしょう。40代になっても一回も人間ドックを受けたことがない人は、近いうちに検査を受けることをおすすめします。最近は検査の辛さも軽減されていますので、怖がらずに必ず病院に足を運びましょう。

山形の人間ドック事情

大洋を航海する船は、長い船旅の間に船体のあちこちに大小のきしみを抱えるようになり、これをそのまま放置すると、やがては重大な欠陥となり、遠からず致命的な破損を起こして乗客乗員もろとも海のもくずと消えてしまうこととなるでしょう。
そのような重大インシデントを起こさない為に船が入るのがドックであり、ここで定期的な検査を行い、必要があれば修理・修繕を行うことで、大勢の乗客乗員が安心して船旅を送ることの担保としているのです。
人間の場合も、船と同じ様にドックに入り、定期的な検査を行うことで、重大な事態に至る前に治療にあたり健康に資することが出来る訳です。
山形においても、人間ドックに入ることが出来る施設はそれなりにあり、たとえば、山形健康管理センター、徳洲会病院、済生病院、山形大学医学部附属病院、本間病院健診センター、県立新庄病院、北村山公立病院、公立置賜総合病院、など数多くありますので、人間ドックの受診を希望の方は、最寄の医療施設にまずはお問い合わせ下さい。

人間ドックを受ける際のマナー

人間ドックを受ける際のマナー

人間ドックには検査項目数が多いと言う特徴があります。
これは一般的に行われている健康診断と比較をしての話です。
検査項目が多い事で待ち時間も多くなりますし、検査内容によっては事前準備が必要になるものも有ります。

例えば、大腸カメラなどの場合は大腸内部を綺麗に洗浄する必要が有るため下剤を投与して何度もトイレに行って排便を促すなどの準備が必要ですし、人間ドックのオプション検査などに有るpet検査の場合は検査を受ける前に特殊な薬を注入し、暫く安静にしている必要が有ります。
待ち時間や事前準備はそれぞれ時間を要する事からも、周りの人への迷惑を考えるなどのマナーを守ることが大切です。
また、自分の順番になると案内が行われますが、これは呼び出しと言う形で行われるため、ヘッドホンなどを使って音楽を聴いていると言う事が無いようにしなければなりません。

更に、病院や検査施設内には様々な医療機器が在るため、携帯電話やスマートフォンなどを利用する場合は外に出て利用する事や、待合室と言えども電源をオフにするなどのマナーを守ることは大切です。

人間ドックは助成金が出る?

健康で長生きすることが一番楽しいことです。そのために病にならない内にその元を発見して、治してしまう方法が人間ドックです。病気の治療ではないので全額が自己負担となりますが、自治体による公的健康保険に加入していて滞納金がなければ、年に一度の人間ドックに対して助成金がでます。年齢制限や指定医療機関で無い場合は申請手続きが煩雑になりますが、それさえクリアすれば2万から3万円(自治体によっては上限ありの7割から8割を助成する)の助成金がでます。サラリーマンの場合は社会保険に加入しておられるかと思います。こちらでも30歳から35歳以上の方ならば殆どの例外なく人間ドックの助成が受けられます。さらに、扶養家族にも適応していますので、ぜひ機会をみつけて受けられてみては如何でしょうか。また生命保険に加入されていても、人間ドックや脳ドックの割引サービスがあるので、問い合わせをされてみるべきです。もうひとには病院自体が検査の割引を独自に行っていることもあります。

人間ドックは1年に何回受けるべき?

人間ドックは1年に何回受けるべき?

dai_byouin

人間ドックは1年に1回受診するのが良いと言いますが、これは年齢が40歳を超えた人の話です。
しかし、30代の人でも喫煙をしている場合など肺がんなどのリスクが在る事からも、1年に1回の割合で受診をするのが良いといされています。

また、人間ドックは最も重要であり、且つ、リスクを持つとされる検査を中心に行われています。
しかし、人間ドックだけでは十分な検査とはならないため、様々なオプション検査が用意されているのです。

オプション検査の場合は、毎年受診をした方良い検査もあれば、2年に1度の割合で受診がした方が良い検査なども有ります。
また、女性と男性とでは検査の内容が異なる検査も有ります。

例えば、前立腺の検査でもある腫瘍マーカーは男性特有の検査ですし、乳房の検査のマンモグラフィや乳腺エコー、子宮の検査の子宮頸部細胞診は女性特有の検査となります。

これ等の検査については人間ドックとは別に1年に1回受診するのが良いと言われています。

人間ドックとは、現在の健康状態を明らかにして、健康異常に対する早期発見が目的の検査です。
主に、三大疾患である「がん」「脳卒中」「心筋梗塞」に対するリスクをチェックします。
人間ドックの病院を検索、予約するならマーソ(MRSO)で決まり!

人間ドックで大腸検査は受けられる?

人間ドックで大腸検査を受ける事は可能です。というよりも、普通に行われています。
検査の主な流れは、問診、便潜血検査(便に血が混じっていないかどうか)、総合判定、結果通知、となっています。
これで異常がなければ定期検診でその後の予防に取り組みます。
結果通知で要精密検査と言われたら、全大腸内視鏡検査を行い、総合判定、結果説明となります。これで問題がなければ定期検査となります。もし異常が認められたら、経過観察かもしくは治療が可能な他の医療機関へ紹介されます。
便潜血検査では、大腸がんや大きめのポリープを見つけることが出来ます。これらは目には見えない出血を起こしていることがあり、便に含まれる血液反応を調べることで病変の有無を知ることが出来ます。
内視鏡検査では、内視鏡(電子スコープ)を使い、大腸の粘膜を直接観察します。場合によっては細胞を一部切り取って顕微鏡で観察する生検を行います。
大腸がんは年々増加しているがんなので、人間ドックで調べておくようにしましょう。

知りたい!人間ドックの料金比較

知りたい!人間ドックの料金比較

人間ドックには重要とされる検査が中心に行われる事、自由診療であるため検査施設により基本料金が異なる事、オプション検査を受診する事でより正確な検査が可能になることなどの特徴があります。

また、人間ドックは半日や1日などのコース、1泊2日のコースと言った具合に検査項目数に応じてコースが分けられており、これらのコースにオプション検査を追加して受診する人も多いのです。

尚、料金については病院毎に定めているため、病院選びをする際には料金の比較もしておく必要が有ります。
検査項目が充実しているから良いと思い、金額を調べたら10万円を超えていると言うケースは多いものです。

人間ドックの料金比較をする時などに便利なのがインターネットの中に在る情報サイトです。
情報サイトには人間ドックの検査における説明や、検査を受けることでどのような病気の早期発見や予防が出来るのかなどの情報も入手できるようになっていますし、オプション検査などについて、どのような人が受診するのが良いのか等の情報も明記されています。

人間ドックの検査料金について

現在の日本は超高齢化社会となっており、医療費や介護費の不足が大きな社会問題になっています。そのため、自分の健康は自分で守るという意識を持つことは非常に重要です。そのような中で利用する人が増えているのが人間ドックです。人間ドックには多くの項目がありますが、日本人に多い病気であるがんや心臓病、生活習慣病などに関する検査を行うことができ、異常がある場合には早期の治療や手術を行うことで健康の維持を行うことができます。特にがんに関しては早期のものであれば手術で完治できるケースも増えているため重要です。人間ドックの料金は自由診療になるため、利用する医療機関によって大きく異なります。同じ医療機関でも多くのプランが用意されているところが多く、検査する内容によって料金は異なります。高度な医療機器であるPETなどを利用すると料金は高くなります。利用の際の予約はインターネットで行うのがお得です。多くの医療機関でWEB予約の割引を行っているためです。

人間ドックの血液検査内容とは

人間ドックの血液検査内容とは

健康だと自負していても、体の中の事を知る事は、一般人には出来ません。
自覚症状がなくても、隠れた病気を探す、その為に、人間ドックを受けておくと、自分の体の良い所や悪い所が見つかり、早期発見、早期治療できるので安心感があります。
人間ドックには、血液を採取して様々な異常を調べてくれる血液検査があります。
まず、検査を受ける数日前から前日から、結果が悪くなるのを恐れ、食事を減らしたり運動する方がいますが、それでは正確な数値が出ませんので、普段どおりの状態で受けます。
血液検査でわかる内容は、貧血や肝臓の異常、腎臓の異常、高脂血症、糖尿病などの病気がわかります。
全て詳しく数値で出ますので、とてもわかりやすいです。
血糖は、糖尿病や内分泌疾患により、高くなります。高血糖状態が続きますと、様々な血管の合併症の原因になりますので、この数値を見て、食事の改善や少し運動をしてみるなど、生活習慣を変えてみようというきっかけになります。

人間ドックの検査項目と検査時間について

一般的な人間ドックの検査項目と言うのは多種多彩ではありますが、健康診断などで行われる身長、体重、腹囲、体脂肪率測定、血圧、血液検査、尿検査、視力、眼圧、眼底、聴力などの法定検診も含まれます。
また、女性などの場合はこれに加えて骨粗鬆症のオプション検査を受診しておくと安心です。

心臓は心電図で、肺は胸部のレントゲン、肝臓は腹部エコー、胃はバリウム検査や内視鏡検査、大腸は便潜血検査や直腸指診、前立腺は直腸指診と言った検査項目になっており、半日から1日と言う時間の中で検査が行われるのが特徴です。

また、人間ドックには骨粗鬆症の検査のように様々なオプション検査が用意されていたり、検査コースによっては色々な検査項目が追加されているものも有り、半日や1日コース以外にも、様々な検査を行う1泊2日のコースも有ります。

尚、オプション検査をいくつか選ぶ事で検査にかかる時間も長くなるのが特徴です。
また、検査を受ける前の準備、検査後の安静にしている時間なども必要になる検査も有ります。

人間ドック体験者に聞いた!人間ドックのメリット

人間ドック体験者に聞いた!人間ドックのメリット

人間ドックは、会社や自治体で行われる健康診断と似ているため、そのメリットについてよく理解していない人も多いです。しかし、人間ドックには、通常の法定検診とは違うメリットがあります。その最大のメリットは、検査項目が多く、専門的な検査を受診できる点です。そのため、通常の健康診断では見落とす可能性の高い初期の悪性腫瘍も早期に発見することができます。がんは死亡率の高い病気ですが、早期に発見して治療を開始すれば、完治も可能な病気です。次に、人間ドックを受診するときの医療機関を本人が自由に選択することができる点も魅力です。会社や自治体が費用のほとんどを負担する健康診断では、受診する病院やクリニックは指定されることが多いです。しかし、人間ドックは基本的に全国にある医療機関から自由に選択することができます。検査方法によっては、医師の技量によって左右されるものもありますし、患者へのサービスも医療機関によって差があります。

評判の良い人間ドック施設の特徴

評判が高い人間ドックには、以下の4つの共通点があります。
1つ目は前提条件として、検査が正しく行われているという事です。当然の事ではありますが、X線を使った読影では、医師が1人体制だと病変を見落としてしまう可能性が高くなります。しかし、これを2人で行っているダブルチェックがある施設だと、検査の精度が上がります。
2つ目は、待たされないで検査が受けられる事です。例えば1つの検査が混んでいたら他の検査を先にやってもらうなど、スピーディに検査ができる配慮がなされているという事です。
3つ目は、清潔感やスタッフの対応の良さです。綺麗な施設で人柄の良いスタッフが揃っていると、守らなければならない事が多い検査中でもストレスを少なく受診することが出来ます。
4つ目は検査後の説明が丁寧という事です。人間ドック終了後には専門の医師や栄養士が指導を行います。この時、検査結果から、予防や早期治療のための具体的な処置を教えてくれる所だと評価が高くなります。

人間ドック:結果がでるまで何日かかるの?

人間ドック:結果がでるまで何日かかるの?

人間ドックと一言にいっても、検査項目は色々です。
それぞれの病院や、またその病院でもコースや、性別などによって検査する項目に違いがでてきます。
ですので、人間ドックの結果がでるまでの日数もそれぞれの病院やコースによって違いがでてきます。
血液検査などの必要がない健康診断的な項目については当日に結果をもらえる病院もあります。全体としては平均すると2週間前後といったところです。長くかかるところですと1ヶ月くらいのところもあるようです。
たいていの場合、人間ドック当日にも説明が可能な検査については医師による説明があります。検査報告書がでるまでの日数の違いは、病院の規模や人間ドックを受診する人の人数、検査を外部の機関に委託するかどうかで違いがでてきます。またオプション検査(PET検査や脳ドックなど)を受けるとさらに結果がでるまでに時間がかかることが多いようです。報告書も郵送で届く場合と、来院して医師から直接説明が行われる場合とがあります。

人間ドックの結果と再検査になる場合

人間ドックには標準的な検査とオプション検査が用意されています。
標準的な検査を受診する人もいれば、オプション検査を併用する人もいます。
また、人間ドックは病院や検査施設が用意している幾つかのコースから選べるようになっており、オプション検査に含まれているものがコース内に含まれている検査も有ります。

検査を受けることで自分の身体の健康状態を把握することが出来ますが、結果が届いた時、そこに再検査となっている場合は病気の疑いが在るため、再び病院などでの精密検査を受診する必要が有ります。
最近は、レントゲン撮影などの場合はリアルタイムに画像を見ることが出来ますし、内視鏡を利用した検査の場合はその場で病気の有無を確認することが出来ます。

しかし、血液検査や尿検査と言った検査については時間を要するため、再検査になるか否かは後日結果が届いてからと言う事になります。
また、血液と言うのは身体の異常を調べる有効手段であり、種類や数値に応じて再検査の内容も変わります。