人間ドックは30歳から受けるべき?

人間ドックは30歳から受けるべき?

人間ドックではさまざまな検査を行うことになるのですが、30歳くらいから受けるようにすると良いでしょう。30代になると生活習慣病などのリスクが高まるとされており、タバコや暴飲暴食などがその原因として挙げられます。また、運動する機会が減り肥満になる人も増えてきますし、仕事などで忙しく食事に時間をかけられなくなる人も多いです。ファーストフードなどを多く利用すると栄養が偏ってしまうのですが、それによって高血圧や動脈硬化などが起きやすくなっているのです。人間ドックや健康診断は会社から勧められることもあるため、なるべく受診してみると良いでしょう。タバコをすぐにやめることができない場合、禁煙外来で相談を受けるという方法があります。生活習慣は癖になるとなかなか直らないため、少しずつ改善していくことがオススメです。人間ドックなら体の悪い部分を簡単に見つけることができるため、気になることがある人は早めに受診しましょう。

太っている人こそ人間ドックを受けるべき?

太っている人は人間ドックを受診した方が良いかと言う事なのですが、太っているから病気が潜んでいると言う事ではなく、痩せている人でも40歳を過ぎたら1年に1度の割合で人間ドックは受診する事が大切です。

但し、太っている人というのは痩せている人と比べると心臓への負担などが生じる事からも検査を受ける必要が高くなります。
また、人間ドックには色々なオプション検査が用意されているため、自分が気になる部分の検査を併用出来るようになっています。

通常、心臓の検査と言うのは安静時心電図検査により心臓のリスクや不整脈などの検査を行いますが、太っている人と言うのは心臓への負担も有るため、オプション検査を併用するなどして精密検査を受診しておくと安心ですし、体型に関係なく喫煙をする人などの場合は、肺がんのリスクが高いため、オプション検査を併用して肺がんの検査を受診するなどしておくことで健康維持に繋がると言うメリットが有ります。